レビトラによるED治療費を半額にするには?

ED治療の費用は相当に高いものですが、その多くは治療薬によるものです。
レビトラの処方を受けている方だと、1錠1,500円程度は支払っているはずです。
レビトラを服用してペニスが元気になってSEXの回数が増えることは喜ばしいですが、高額な治療費に怯えてSEXを控えるようでは本末転倒でしょう。
治療費を抑えるコツは、レビトラの価格を圧縮することにあります。
20mg錠の処方を受けている方なら、これをピルカッターで割って半錠にして飲めば、薬代を半額に抑えることができます。
ただし、半錠にすることで副作用も弱くなりますが、肝心の効果も半分になるのが欠点です。
半錠で十分な勃起力を得られるならば、無理に1錠飲む必要はありません。
検査や診察にかかる費用はそれほど高いものではありません。
ほとんどはED治療薬の料金なので、薬代をいかに抑えるかが重要となります。

現在、レビトラのジェネリックは医療機関では取り扱っていません。
特許が切れれば販売が開始されますが、先発薬の7~8割程度までしか下がりません。
正規のレビトラが1,500円ならば、安くとも1,000円はすると考えておくべきです。

薬代を半額まで抑えるには、個人輸入を利用する以外にはありません。
個人輸入のレビトラジェネリックを使用すれば、半額よりもかなり安く抑えることが可能です。
1錠150円ほどの格安ジェネリックもあり、効果は先発薬とほとんど変わりません。
1錠の薬価を大幅に抑えれば、服用頻度を増やすことも可能となります。
高くて服用できない状態が解消されれば、性生活で妥協する必要はなくなります。
ED治療薬は保険適用外の薬なので、薬代が負担となる方は個人輸入代行サイトで購入しましょう。

ページトップへ