レビトラがバイアグラよりも優れている理由

レビトラは日本で販売が正式に認められた三種類のED治療薬の一つで、バルデナフィルを主成分とします。
性的刺激や興奮を得ると、局部の細胞内に血管を拡張させる物質が増加し、性行為ができるよう陰茎が勃起状態になります。しかしPDE5という酵素が発生しすぎ血管を拡張させる物質を壊すと、海綿体の血管が収縮して勃起が治まってしまいます。ED治療薬はどれも有効成分は違うものの、すべてPDE5を阻害する作用によって勃起を促し維持を補助します。ED治療薬には性的興奮を増加させる誤ったイメージを持つ人もいますが、勃起をサポートする効果しかありません。

バイアグラは世界で初めて開発されたED治療薬で、レビトラはその次に誕生した薬です。バイアグラは画期的な治療薬でしたが、食事の影響を受けやすく飲むタイミングが難しい事や、副作用が現れる人がいるなどの欠点も存在しました。その欠点を補う形で作られたのがレビトラで、バイアグラより食事の影響が出にくく、成人男性の一般的な食事量ならば薬効に大きな影響を与えません。他のメリットとして、効き目の早さがあり、水にやや溶けやすい性質を持つバルデナフィルは、服用してから40分から50分程度で血中の濃度が最高に達します。効果持続時間は5時間から10時間とバイアグラより長く、もう一つのED治療薬シアリスよりは短くなっています。
効き目の強さに関してはバイアグラと変わりません。ED治療薬の効き方には個人差があるため、バイアグラで満足する効果が現れなかった人でも、レビトラでは効果を実感できる場合があります。また、糖尿病を患っている場合は、バイアグラよりレビトラの方が効果を得られるケースが多く見られます。

レビトラのお得な購入方法

レビトラを安く買うならば、ネットの海外通販が安いです。
形としては個人輸入で海外から取り寄せる事になりますが、手続きが煩雑なので個人輸入代行業者を通して買う事になります。
病院処方のレビトラは1錠あたり有効成分10mgで1500円、20mgで2000円が相場です。
これに対して、ネットの個人輸入ならば1錠あたり10mg1370円、20mgで1420円くらいで買う事が出来ます。有効成分10mgと20mgの値段差は50円ほどなので、20mgの方を購入してピルカッターで分割して使っても良いでしょう。そうすれば有効成分10mgを使いたい人でも、同じように使う事が出来ます。
また、ネットで買うとポイントがついたり、まとめ買い価格で安くなる事もあります。ポイントや割引をうまく利用すれば、さらにお得に買う事が出来ます。
さらに安く使いたいという人は、レビトラのジェネリック薬を使うと良いです。ジェネリック薬はレビトラと同一成分(バルデナフィル)、同一効果の薬で、先発品に比べて値段が2割程度に抑えられています。レビトラのジェネリック薬では、142円~320円のものがあります。
安いのが魅力的ですが、レビトラを個人輸入で買う時には、偽造品には気をつける必要があります。レビトラは正規品と偽造品の見分けがつきにくいです。有効成分100mgなどと謳っている明らかに偽造品の薬もありますが、基本的な知識がないと誤って手を出してしまう恐れがあります。
まず、レビトラの正規品は10mgと20mgしかない事を理解しておきましょう。偽造品の具体例は、有効成分が皆無、表示されている有効成分以外の成分が含まれている、有効成分は含まれているが、用量が多すぎるor間違っている、などです。十分気をつけて買いましょう。

レビトラの副作用と上手な付き合い方

レビトラとは、ドイツのバイエル薬品によって製造販売されているED治療薬です。日本でも正式な販売許可が下りていて、病院で処方を受ける事が可能です。勃起を妨げる酵素の働きを抑制し、血流を良くする事で、性的刺激を受けた陰茎の勃起や維持をサポートします。臨床実験で有効性と安全性が確認された薬ですが、いくつか副作用も存在します。
レビトラの主な副作用は顔のほてりと目の充血で、これは他のED治療薬にも見られる症状です。他にも頭痛や動悸、鼻づまりがあり、レビトラの効果で血行が良くなった結果現れます。軽い副作用であり、レビトラを服用した大半の人に現れる症状で、薬の効果が切れると同時に副作用も収まっていくため、あまり気にせず薬が効いてきた合図として捉えて下さい。頭痛が気になった場合、市販の頭痛薬を飲んでも問題ありません。副作用は個人差があり、どうしても気になるようでしたら医師に相談し、他のED治療薬に切り替える事も考えて下さい。
重大な副作用が起きる事はほとんどありませんが、持病や服用中の薬がある場合は注意が必要です。ニトログリセリンなどの硝酸剤は、ED治療薬と併用すると相乗効果で過剰に血圧を下げてしまう可能性が高いため、同時に飲んではいけません。他にも併用してはいけない薬に抗ウイルス薬や内服タイプの抗真菌薬、抗不整脈薬があります。
薬と同時に摂取してはいけない物にグレープフルーツがあり、血中濃度を上昇させてしまうため、グレープフルーツそのものやジュースなどを避けましょう。アルコールは少量なら問題なく、適度なリラックス効果を期待できます。しかし酔いが強く回ると勃起機能に影響が出るため、適量を飲むに留めておく必要があります。

ページトップへ